コレを知っていると便利!名刺作りの手順とは

業者に依頼するにしても、ソフトを使い、自力で作るにしても、名刺を作る際には、色々と考えなければなりません。適当に進めてしまうと、やり直しが必要になったり、納得のいく仕上がりにならなかったりと結果に反映されてしまうので注意が必要です。

事前に検討しておくべきことを把握し、手順良く進められれば、名刺作りで失敗することも少なくなります。ここでは、スムーズに名刺作りを行うための手順を説明します。

情報を検討しよう

名刺を作る際、まず最初に考えるべきことは、どんな情報を名刺にのせるかといったことです。会社名に役職名と氏名、住所や電話番号といったオーソドックスなものから、ホームページアドレスやメールアドレス、社訓といったものまで、様々なものがあるので、しっかりと考えることが欠かせません。

名刺は大きさが決められており、スペースに限りがあるので、記載する情報が多くなればなるほど、一つ一つの情報は見にくくなってしまいます。したがって、名刺に記載する情報は、ある程度、厳選することが大切ですが、中々難しいという場合もあるのではないでしょうか。参考情報→名刺作成 ... デザイン名刺.net

そこでおすすめなのが、のせたい情報を書き出し、優先順位をつけるといった方法です。

なくてはならない必須のものなのか、のせたいけれどスペースがない場合には諦められるのか、情報が多く取捨選択に迷う場合には、優先順位をつけておき、後に判断することがおすすめです。

フォントを選ぼう

名刺に記載する情報が決まったら、フォントを選びましょう。同じ文字でもフォントが変われば、受ける印象は変わります。丸みの帯びたフォントであれば、親しみやすさや優しい印象を与えますし、角ばったフォントであれば、真面目さやビジネスライクなイメージを与える筈です。

受け手にどんな印象を与えたいのかといった部分を考えながらフォント選びをすることが欠かせません。また、全て同一のフォントを使うのか、情報ごとにフォントを変えるのかといった部分も大事なポイントになります。使うフォントの数が多くなればなるほど、全体のバランスを整えることは難しくなるので、よく考えることが大切です。

尚、フォント選びの際に、あわせて考えたいのがサイズです。せっかく特徴的なフォントを選んだとしても、サイズが小さければ良さが伝わらないかもしれません。名刺では、どうしてもスペースが限られてしまうので、文字の大きさにも制限がついてしまいます。

フォントによっては、ある程度、サイズがないと特徴が出ないという場合もありますので、フォント選びの際はサイズもあわせて考慮することが大切です。また、読みやすさを重視するのか、デザイン性を重視するのかといった部分は好みともいえますが、フォントやサイズによっては読み違いが起こりやすくなるので注意が必要です。

特に、数字の6とアルファベットのBの小文字の様に、判別に迷ってしまう文字を使う場合には、フォント選びとそのサイズには、充分考慮しましょう。

色使いを考えよう

名刺のフォントが決まったら、次に考えたいのは色使いです。一色のみを使うのか、それとも、記載事項ごとに色を変えるのか、じっくり検討しましょう。目立つ色を使えば、その情報を際立たせることも可能ですが、様々な色が使われている中では効果は薄れてしまいます。

反対に、目立つ色を使わなくても、多くの記載事項を同じ色にし、一つだけを異なる色を使えば、その情報を目立たせることは可能です。名刺ではスペースが限られ、文字を大きくすることが難しい分、色を上手に使い、情報を目立たせる工夫をすることが大切になります。

また、色を選ぶ際は、読みやすさといった点を考慮することも欠かせません。同じ色でも明度や彩度が変われば読みやすさは変わりますが、黄色の様に、背景の色を工夫したり、輪郭をつけたりといった工夫がないと読みにくい色もあります。

単に、好きな色を選ぶのではなく、読みやすさといった点も考えて、色使いを決めることが大切です。

レイアウトを考えよう

名刺に記載する情報、そしてフォント、色使いが決まったら、レイアウトを考えます。名刺のサイズは決まっているので、どこにどの情報を配置するかを考え、細かな調整をしていくことになりますが、まずは縦書きにするのか、横書きにするのかといった点を決めましょう。

情報を読み取る際の人の視線の動きは、縦書きと横書きの場合では異なります。縦書きの場合には右上から右下といった縦方向の動きを左側に向かって行い、横書きの場合には左上から右上といった横方向の動きを下側に向かって行う場合が殆どです。

そのため、縦書きであれば左下、横書きであれば右下にある情報ほど、目線を動かさないと到達せず、注目度は下がると考えられます。この読み手の視線の動きをふまえて、レイアウトを考えることが大切です。

尚、レイアウトが決まったら、微調節をすることも欠かせません。

全体として見た時に、目立たせたい部分がしっかり目立っているかどうか、情報が多過ぎて、ごちゃごちゃした印象を与えていないのかどうか、しっかりと確認することが大切になります。レイアウトが上手くいかない場合には、裏面を利用したり、QRコードを利用したりといった選択肢もあります。

細かな調整をしながら全体のバランスを整え、レイアウトを完成させていきましょう。

印刷する紙の素材と色を考えよう

名刺のデザインが出来上がったら、いよいよ印刷になりますが、その前に考えておきたいのが、印刷する紙の素材と色についてです。全く同じものを印刷しても、紙の素材や色が違うと、出来上がりの印象は変わります。印刷されていない紙だけを見てもピンと来ないかもしれませんが、光沢の有無といった僅かな違いでも、印刷された際の印象に大きな差がつくことも少なくありません。

せっかくのデザインを良く見せるのも、そこそこの出来にするのも、紙次第といえるので、よく吟味することが大切です。デザイン面に時間をかける人は多いものの、印刷する紙にまで拘る人はそう多くありません。けれど、大事なデザインをしっかり活かすためには、紙選びまで、しっかり行うことが大切です。

手順に沿って進めよう

名刺作りは、手順さえ分かっていれば、それほど難しくありません。しかし、適当に進めてしまうと、やり直しや修整が必要になったり、仕上がりに満足出来なかったりといった結果に陥りやすいので注意が必要です。記載する情報を選び、フォントと色使いを決めたら、レイアウトを考えます。

あとは印刷する紙を選ぶだけなので、難しいことはありませんよね。一つ一つ順を追って進めて行けば、名刺作りでの失敗はグッと減らせますよ。